So-net無料ブログ作成
レアルマドリードのこと ブログトップ
前の10件 | -

(((( ;゚д゚)))アワワワワ [レアルマドリードのこと]

オフィシャルのセルの記者会見でのコメントは泣けるでありますな。

セル、ええ子やな。

つーか、ああゆうコメント見るとやっぱりまだ19歳の子供なのねぇ。

写真は相変わらずオ(ry

っっ”く


カルロス・サインツがやってくる!? [レアルマドリードのこと]

人生とは何が起こるか分からないものです。

昨日「何も変わらなかったら面白いのになぁ」なんて思ってたレアルマドリですが、それ以上に面白い展開になっております。

レアル会長選にサインツ氏(日刊スポーツ)

世界ラリー選手権王者のカルロス・サインツ(43)が、Rマドリード会長選への立候補を考えていると明らかにした。
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-060302-0018.html

Σ(゚Д゚;エーッ! 
Σ(゚Д゚;エーッ! 
Σ(゚Д゚;エーッ! 
Σ(゚Д゚;エーッ! 
Σ(゚Д゚;エーッ! 
Σ(゚Д゚;エーッ! 


なんでしょうこの展開。
あのカルロス・サインツがレアルマドリの会長ですって。

●まめ知識●
カルロス・サインツ(Carlos Sainz, 1962年4月12日 - )は、スペインのラリードライバー。WRC最多の26勝を記録する。また、スペイン人であるために「エル・マタドール」と呼ばれることもある。また通称「セッティングマニア」と呼ばれるほどマシンには妥協を許さない、そのためか 彼が所属していたチームのマシンは素晴らしいほどの完成度を見せる。執拗なまでのテストを行い過去にはマシンを大破させたこともあるほどセッティングには熱心である。
(wikipedia)


まさに“エル・マタドール”の名にふさわしいサインツさんですが、ホントに会長戦に立候補するの?

もうラリーに関わっていかないのかなぁ。
それは寂しいなぁ。

しかしなんでまたレアルマドリの会長なんですかねぇ。
いくらロナウドジダン主催の親善試合に出場したからっていきなり会長って。

ま、ホントにレアルマドリを生まれ変わらせようとしたら、思い切って外部の血を入れるのも必要でしょう。

お金のためよりも、チームのためを思ってくれるならサインツさんでもいいでしょう。

でもねぇ。

オイラはやめといた方がいいと思うよ。

せっかくラリーで成功したんだから、何も自らイバラの道を進むこともなかろうよ。

失敗したらマドリディスモ達からロナウドのように大ブーイングを受けるんですよ。

いくら何でも、スペインの方々からブーイングを受けるサインツなんて見たくないっす。

ソンナノ ミタクナイッス・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ナクナ ゴラァ!!


バイバイ ルシェンブルゴ [レアルマドリードのこと]

やあ、みんな元気かい?
僕ことhkはすごぶる調子が悪いよ。
また1日更新をさぼったけど、今日から元気に再開だよ。

そんなわけで、大盛況の内に終了した2005年Jリーグ。
ガンバ大阪とガンバサポの皆様おめでとう。
二日酔いですか?
嬉しいからって、無茶はいけませんよ。

さて、そんなお祝い気分を吹き飛ばすように、闘莉王の海外移籍かもとかトミーが契約解除かもとか大黒様が海外移籍かもだとか、レイザーラモンHGが恒様を祝福だとか暗い話題が続きましたが、まあこの辺は後ほど。

それよりも本日はビックニュースが舞い込んで参りました。

レアル・マドリー、ルシェンブルゴを解任(スポナビ)

レアル・マドリーはトップチームのバンデルレイ・ルシェンブルゴ監督を解任したと発表した。発表はクラブの公式テレビで行われた。
監督自らの希望によりクラブ首脳陣の会議が開かれ、午後の間中ずっと続いた。53歳のルシェンブルゴは11カ月前にレアル・マドリーの監督に就任したばかりだった。

------------------ 中 略 ------------------

今後は、これまでレアル・マドリーのBチームを率いていたファン・ロマン・ロペス・カロがトップチームの指揮を取る。
もちろん暫定的な監督であり、来シーズン開始時には大物監督が招聘されることになる。何人もの候補が挙げられているが、その中にはファビオ・カペッロ(現ユベントス)やラファ・ベニテス(現リバプール)、ジョゼ・モリーニョ(現チェルシー)らも含まれている。

┐(´д`)┌ ヤレヤレ

またですか。
2年半で5回目ですよ。

それよりも気になるのは、

もちろん暫定的な監督であり、来シーズン開始時には大物監督が招聘されることになる。

Σ(゚Д゚;エーッ!

今シーズンはもうギブアップですか?

残りの試合はロペス・カロでお茶を濁しておこうって腹づもりですか。
そうやって今シーズンも無冠になった場合の逃げ道作りですか。
ふ〜ん。
また随分と立派なチーム運営なことで。

もうここまで来ると、不調の原因はホントに監督なのかねぇ。
こんだけ代わっても復調の兆しが見えないってのは、なんか別のところに原因があるんと違いますか?

僕が思うに、イエロとデルボスケ監督を半ば追い出すようにして退団させちゃったところからどうもおかしくなり始めてるような気がするんですけど。
もうこうなったらイエロに現役復帰してもらうのが一番手っ取り早いんじゃない?

あ〜あ。
やっぱり昔のマドリが良かったなぁ。

まあ案外“外から連れてくる”より“中を知っている”人の方が上手くやれるかもしれないから、期待してよっと。

そういやデルボスケのおじさんも下部組織の監督からの昇格だったなぁ。

もしかすると……………………。

まあ、なんにしてもフロントの皆さんが辛抱強くならんとね。
何も良くならないっすよ。

そんなわけで、僕は次期大物監督はモウリーニョがいいと思いま〜す。
何がそんなわけかよくわからないですけど。

ま、とにかくマドリに来てもらって、マドリを引っ掻き回してもらうの。
それぐらいしないともうダメなんじゃないっすか。

でも一番いいのはロペス・カロさんで上手くいくことだけど。

もうゴタゴタはいいよ。

ゴタゴタ、カッコワルイ。


ロナウドはスペイン人になりました [レアルマドリードのこと]

ブラジルの人ってのは国籍にあんまりこだわらないの?

サッカー=ロナウドがスペイン国籍を取得(ロイター)

[マドリード 10日 ロイター] サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードに所属するブラジル代表FWロナウドが10日、スペインの市民権を取得し二重国籍となったことが明らかになった。

やあ、徐々に“レアルマドリー総ブラジル人化計画”が進行しつつありますなぁ。
ロベカルに続いてロナウド。
次はロビーニョかな。

しかしいいねぇ二重国籍。
もうその言葉の響きだけでハイソなセレブになった気がします。

ハイソなセレブって何だ?

まあいいや。

あ〜日本でも認められないかなぁ、二重国籍。
皆様は二重国籍取れるとしたらどこの国の国籍取ります?
僕はやっぱりイタリアかなぁ。

いいよねぇイタリア。
情熱サッカーとパエリアジローラモの国ですよ。

いいなぁイタリア。

イタリア行きたいなぁ。

行きたいんだけど飛行機がねぇ。
苦手なわけじゃないんだけど、あの座席の狭さがねぇ。
欧米基準の体型をしている僕としてはあの狭い座席に何時間も座らされるなんて拷問ですよ拷問。
嫌がらせですよ嫌がらせ。

でも行きたいなぁイタリア。

ってゆうか、なりたいなぁイタリア人。


( ゚д゚)ハッ!"

パエリアはスペインか。


えーっ (゚Д゚ ) [レアルマドリードのこと]

うーん。

レアル、連敗で5位転落(時事通信)

サッカーのスペイン1部リーグは26日、各地で行われ、レアル・マドリードはデポルティボ・ラコルニャに1−3で敗れ、2連敗で3位から5位に後退した。退場処分が撤回されたMFベッカムは先発出場したが、後半早々に退いた。バルセロナはロナウジーニョ、ラーションのゴールでマラガを下し、2連勝で3位に浮上。首位にはオサスナが立った。

今回は涙をのんで録画しなかったのに、負けちゃった。
これで次からは安心して録画できるね。

ってそんな場合じゃない。

やっぱりロナウドがいないとダメなのかねぇ。
こうゆう展開になるとオーウェンを移籍させちゃったのは失敗だったかもなんて思いますなぁ。

まあ、しょうがないっす。
次ぎ勝てばいいでしょ。
まだ始まったばかりだしね。


しかしオサスナが首位ってすごいなぁ。
2位はヘタフェですって。
キイタ?( ゚д゚)オクサン(゚д゚ )スゴイワァ


ありゃ?くつがえっちゃったよ [レアルマドリードのこと]

ごめんねデービット。

スペインサッカー連盟、ベッカムのレッドカードを取り消す(ロイター)

ペインサッカー連盟は25日、スペイン1部リーグ、レアル・マドリード所属のデビッド・ベッカムが1—2で敗れた23日のバレンシア戦でもらったレッドカードを取り消した。

-------------------中略--------------------

同連盟の競技委員会は、「拍手をしたとき、選手は審判に背中を向けて自分のポジションに戻ろうとしていた」として、ベッカムの2枚目のイエローカードを取り消す判断を下した

ごめんねデービット。
今日お家に帰ってから録画見てみたの。
1枚目のイエローはどう見ても暴言を吐いてたからしょうがないけど、2枚目は審判が(自主規制)だったのね。

でもママにはあなたが審判をバカにし ぐはぁ(*`Д´)=○)Д゚) ´Д゚)・;'

い、痛いっ!!!デービット何するのっ

そんなんだから審判さんも偏見の目であなたを ぐおっ(*`Д´)=○)Д゚) ´Д゚)・;'

わ、わかったわデービット。
ママもう何も言わない。
だから次の試合も点とってね。

というわけでベッカムのイエローは取り消されました。
リーガは前にも判定を覆す事があったような。

しかし間違いを素直に認めるというのはなかなか出来るもんではありません。
さすがサッカー先進国。

って前にもどこかで言ったなぁ



最後にデービット、人前でこんな顔するのはママ許しませんよ。

いい男が台無しじゃないっ。
ママをガッカリさせないでっ。


やはり嫌われているようです [レアルマドリードのこと]

どうしてもレアルマドリーが勝つ姿は見せていただけないようです。

R・マドリー、6連勝の後に暗雲 監督は敗戦悔やむ(スポナビ)

23日(現地時間)、ホームに強敵バレンシアを迎えたレアル・マドリーは、激しい戦いを展開したが、1−2で敗れた。前半9分のジダンのPK失敗、39分にセルヒオ・ラモスが受けたペナルティーエリア内でのハンドの判定、そして後半に起きたグラベセン、ベッカムの相次ぐ退場劇(グラベセンは危険なタックル、ベッカムは暴言を吐き、それぞれ一発退場)によって、勝利は彼らから離れていった。

正直まだ見てないんですけど、僕が録画撮ったとたんに敗戦ですよ。

もう怖くて録画すら出来ないorz

しかしベッカムまたやっちゃったようだねぇ。
グラベセンはボールを奪いにいっての一発退場。
決して褒められた事ではないですが、まだプレーをしようとしての退場だからしょうがないとしても、ベッカムは暴言で退場って。

どうもベッカムさんはキレやすい現代っ子って感じだねぇ。
代表の時はルーニーを諭すいいパパなのに。

あれ?

いつからベッカムはスペイン語が喋れるようになったの?

この前までは確かフィーゴが通訳してたんじゃなかったかねぇ。
それが今では審判に暴言を吐けるほどスペイン語が話せるようになったんだ。

さすがお金持ちは優秀な家庭教師を雇っていらっしゃる。

ま、でも真相は“英語で言っときゃわかんねぇだろ”程度で文句言ったら、審判の人がハッキリ分っちゃったってところでしょうかね。

あ〜これで次節はベッカム、グラベセン、サルガド、バチスタ、ロナウドと出場できないのか。




………………まあ、大丈夫か。

なんか今シーズンは層が厚そうだし。


レアルマドリーが強くなってる? [レアルマドリードのこと]

今日はもう一つ。
メンテ前に書きかけたのもついでにアップ。

まずは、マドリのお話の前に……。

ギド監督続投正式決定おめでとう!!!

よかったねぇ。
早いとこ決まるのはいいことですよ。


さて、お祝いが済んだところで早速マドリのお話。

ディオゴが示したレアルの選手層=欧州CL(スポナビ)

19日、ホームでローゼンボリと対戦したレアル・マドリー。前半に先制点を奪われたものの、後半に4ゴールをたたき込んで見事に勝ち点3を獲得した。

-------------------- 中 略 --------------------

この日のディオゴの活躍はレギュラーであるサルガド不在を感じさせないものだった。また、前線でもロナウドが不在にもかかわらず、迫力ある攻撃が展開された。左サイドバックとGK以外の各ポジションに高いレベルの交代要員を持つレアル。充実した戦力に加えて、最近ではそれぞれの選手がピッチに立った時にどのように動くのかということも明確になってきた。リーガ、チャンピオンズリーグ開幕当初の苦しい時期に何とか勝ち点を拾ってきたことが今後大いに生かされる予感のするレアル。週末のバレンシア戦に快勝すれば、一気に勝ち星量産の可能性が高まってきた。

いやぁイカン。
思わず、“ロナウドが不在のおかげで、迫力ある攻撃が展開された”って読んじゃった。

しかし、どうしてレアルマドリーは僕が見れないときに限って快勝するんでしょうか?
そうか、そんなに僕のことがキライか。

ま、僕のことがキライであろうがなかろうが勝てばいいんですよ。
今までだったら「最初の飛ばしすぎるとシーズン終盤までもたないよ。」なんてハラハラ見てましたが、今年はフレッシュなヤングが大勢いるから大丈夫でしょう。

と楽観的になっていると、思わぬしっぺ返し。

レアル・マドリーのロナウド、長期離脱の可能性も(スポナビ)

ロナウドの負傷は当初予想された以上に重いものかもしれない。手術の可能性もある。左足首の靭帯を痛めており、通常の治療では不十分ということになれば1カ月という予想を上回る長期離脱を強いられることになるようだ。スペインの日刊紙『エル・パイス』が報じた。

時を同じくして日本とスペインのエースストライカーが同じように足首を負傷してるよorz
両選手とも早く治りますように。

しかしロナウドが靭帯負傷って聞くとドキッとするねぇ。
昔の大怪我を思うとロナウドはよくここまで復活したもんだなぁ。
昔あれだけ苦労したんだから、そりゃ大五郎カットにしたくなるってもんですよ。

そんなこんなで、シーズン開始直後は「魔法陣グルグルが勝利の方程式」とか何とか言ってましたがだいぶ調子が出てきた模様。

だいたい良く考えてみれば、これだけの戦力がいて勝てないのはおかしいですよ。

今話題のシャア大佐なら、「これで勝てねば貴様は無能だ」って言ってますよ。


今週のマドリ VS ビルバオ [レアルマドリードのこと]

「菱形が変形した魔方陣、ここから魔法の角度が生まれる」、「サイド攻撃?サイドから攻撃なんかするもんか。忘れてくれ」
ルシェンブルゴ談(いずれもAS紙9月7日付けより)※訳はnumber web

ふ〜ん。

その魔法は、呪いの魔法なんだね。

そんなこんなで早速スタメン。

GK カシジャス
DF サルガド ウッドゲイト パヴォン ロベカル
MF ベッカム グラベセン パブロ・ガルシア
FW ラウル ロナウド ロビーニョ

おぉ、遂にマドリの最終兵器ウッドゲイト登場。
せめてエルゲラとの組み合わせなら安心できるんだけどなぁ。
ちょっと不安なセンターバック。
でも、エルゲラが怪我だからしょうがない。


しょうがないからキックオフ。

むっ、魔法陣はどうした?

僕の目にはどうも、ベッカム、グラベセン、パブロ・ガルシアが横に並んでいるようにしか見えません。
形は4−3−3みたいだし。

でも、相変わらずサイド攻撃は捨てている模様。
というより、ボールを奪ったら直ぐにFWにパスして、そこから攻撃が始まってるから両サイドが上がる暇がないって方が近いですかね。

今日のゲームも攻め込んでいるもののなかなか点の入らない展開。
しかも、マドリがボールキープしているにも関わらず、スタンドからはブーイングが飛んでおります。

しかしそんなイライラする展開の中、遂に25分マドリの最終兵器ウッドゲイトのヘディングシュートが炸裂!!!!!

オウンゴールだけど。

う〜ん、やっぱり1年以上試合から離れてた影響は大きいのかねぇ。
これ以外にも、パヴォンとのコンビネーションが悪かったりしたし。

せめてサムエルが居ればなぁ。

不安定な最終ラインに比べ、この試合の攻撃陣はだいぶいい出来。
果敢にビルバオディフェンスの裏をつこうとするロビーニョ。
そのロビーニョにスルーパスを出したり、スペースを作ろうと懸命に動くラウル。
懸命にディフェンスに戻ったり、サイドチェンジのロングパスをしたりするベッカム。
そして、決定機以外何もしないロナウド。

しかし、そんな攻撃陣の奮闘虚しく前半は0−1で終わりです。

う〜ん苦しい展開。
今の調子を考えると、先制点取られるのは厳しいねぇ。

そして後半。

グラベセンに代わってグティ投入。
ロン毛・坊主・ロン毛の中盤がロン毛・ロン毛・ロン毛の中盤になりました。
だからなんやねん。

中盤の髪の長さはどうでもいいとして、後半7分、ビルバオ陣内でファールを受けたベッカムがFK。
そのボールを見事ロビーニョがヘディングでゴール。

完璧なFKに、完璧なヘディング。
久々に見た奇麗なゴールでした。

得点直後はビルバオのチャンスがありましたが、徐々にマドリペースに。

そして後半15分、ラウル→ロビーニョ→ロナウドとパスがつながり、GKと1対1になるも、ゴールならず。
決定機に恐ろしい動き(相手に取って)をするところはさすがロナウド。

この2分後には、ラウルとロビーニョのコンビネーションで突破をはかるもシュートならず。

さらに2分後、グティのスルーパスに反応したロナウドがDFラインを突破し、ラウルにラストパス。
これを冷静に決めて遂に逆転。

どうしたんだろう、急にマドリが目を覚ましたよ。

しかし、いい事が続かないのが今のマドリ。
後半21分にウッドゲイトが2枚目のイエローカードで退場。

せっかくの復帰戦なのに踏んだり蹴ったりのウッドゲイト。
なにしてんだか。

しかし今日のマドリはひと味違う。

ウッドゲイト退場の3分後に、ベッカムのコーナーキックをラウルが決めて3−1に。

やはりラウルが元気いいと、マドリは強い。気がする。

後半27分、グティがビルバオ陣内でファールを受けると、すかさずベッカムがビルバオの選手に詰め寄ります。

ベッカムまた暴力沙汰か?となりそうなところが何も起こらず。
ここでまたひとり退場なんて言ったらさすがに2点差あっても厳しくなっちゃいますからね。

ここから試合は荒れ模様。

しかも狙われるのはグティばかり。
それだけグティが効いているのでしょう。

確かにグティが入ってから中盤がだいぶ落ち着くようになりました。
ひとり少ないはずのマドリがそれを感じさせないような試合展開で時間は過ぎていきます。

途中2本ほどビルバオの決定的チャンスがあったものの、カシジャスが何とかセーブ。

そしてこのまま試合終了です。

3点は取れたものの、やはりまだ守備は不安定な感じですかね。
特に簡単にシュート打たれちゃうのは、見てて怖い。

でも、まだ4試合目。
CL入れてもそんなに公式試合をしてないですからね。
もう少し時間が経てば良くなってくるでしょう。

ま、勝てて良かった。


前の10件 | - レアルマドリードのこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。