So-net無料ブログ作成
検索選択

2017 天皇杯3回戦 vs熊本、 vsドル 、啓太引退試合 [浦和レッズのこと]



天皇杯 3回戦 駒場スタジアム 19:03

[HOME]
1 浦和レッズ
45+2分 高木 俊幸

shoot:10 GK:3 CK:6 FK:17
card:  54分 ズラタン


[AWAY]
0 ロアッソ熊本



shoot:2 GK:13 CK:3 FK:11
card:

IMG_1452.jpg
 今日の一枚

まずは天皇杯。
えーっと……
どんな試合でしたかな。
もう忘れてしもうた…。
まあ無失点で終われたのは今後に向けての好材料でしょうな。
トーナメントだからね、勝ち進まないと意味がないのでね。
ナイス勝利。

次はドルトムント戦。
テレビ観戦でしたが、いい試合でなかったでしょうか。
相手は新監督で始動したばかり。
しかもドイツからやって来たわけで、
なかなかベストコンディションという訳にはいかなかったでしょうが、
ドルトムント相手にああ言うサッカーが出来るということは、
後半戦に向けていい材料になりましたですな。
あと、 某議員が絡んできてるみたいだけど、
ああ言うのは放っておくのが一番だよね。
相手するとこっちが損するわ。
クラブもあんなの相手にする必要はない。
脅迫文が届いて業務に支障をきたすというのなら警察に届ければいいわけで。
スタの外で起こったことまでクラブが責任取る必要ないよね。
このご時世脅迫めいたもんを送りつけりゃそれ相応の罰を受けるんだから、
ポリスメンの手に委ねときゃいい。
毅然とした対応をしなきゃいけない時はちゃんとしなきゃいけないよねフロントは。




で、本日のメインエベント啓太の引退試合。
IMG_1453.jpg
IMG_1457.jpg

ギドがベンチにいて、キックがいて、闘莉王がいて、ネネがいて、ホリがいて、啓太がいて、シンジがいてアレがいて、バカさんがいて、ロビーがいて、シトンがいて、永井がいて。
強かったなぁこのチーム。
ゼロックスの段階で「今年優勝するわw」って思ったもんなぁ。
ホントに強かった。
やっぱ強いチームってファーストインパクトから強いのよね、きっと。

いやしかしね、あの頃は良かった。
選手のアップが終わる。
一瞬スタジアムが静かになる。
角さんが「おいそろそろ行こうか!」ってスイッチをいれる。
ゴール裏が応える。
そしてアタリマエのように浦和が勝って、we are diamondsが始まる。
あの頃は毎回スタジアムに行くのが楽しかったなぁ。


今ですか?……


今は……、ごめん、ホントのこと言うとあんまりワクワクしない。

なにか、どこか、流れ作業のようになっている自分。

いつからこうなったのかなぁ。

今日はメインロアで見てたんだけど、今日のゴール裏は、
強かった頃の浦和のゴール裏になっていたような気がしたのよ。
だから試合が終わって、何となくゴール裏に行かなきゃいけない気がして、行ってみた。
一通り終わってから啓太がゴール裏までやって来てさ。
なんやかんやあって、啓太が角さんの引退試合でもあるって言ったのよ。

なんとなくね、あの件以来、ボンヤリとした感じでしかなかったけど、
今日、この試合でハッキリと「あーひとつのサイクルが終了したんだなぁ…」
って思ったら泣けてきちゃってさ。

んで、泣けてきたらふとあの頃を思い出しちゃったわけよ。
ACL獲った後から浦和はずーっと下り坂になっちゃったけど、
その頃ですらスタに行くのは作業じゃなくて意思で行ってた気がするんよ。
もっと勝つことに必死だった気がするんよ。

ここ最近毎年のように優勝争いに加わってる。
最多勝ち点の記録も作った。
ACLだってほぼ毎年出場してる。

でも獲れたタイトルは一つだけ。
その強いのか弱いのかイマイチ良くわからない浦和レッズに対して、
一歩引いて見ること、冷めた目で見ることがなんかアタリマエのようになってたんだな。
タイトル取れなくても「いつものことだよw」って笑って誤魔化してたんだよね。

でもさぁ、最後に角さん泣いてんの見て、( ゚д゚)ハッ!と思い出したんだよ。
前は負けたらもっと悔しかったんじゃないかって。
勝ったらもっと嬉しかったんじゃないかって。

それと、最後の啓太の「浦和レッズは選手のものでも、クラブのものでもなく、
サポーターのものだよ」って言葉。
あれって裏を返したら「浦和が強くなるのも、弱くなるのもサポータ次第なんだよ」
ってことだと思っちゃったんだよね。

やっぱ一歩引いてちゃダメなんだよ。
冷めた目で見てちゃダメなんだよ。
そのまんまでいいのかよって言われた気がしたんだよなぁ。
気のせいだろうけど。

やっぱり選手に全力で戦ってほしかったら、見てるワシらも全力じゃなきゃイカン。
そんなことを思ったりして、ほんのちょっと、あの頃の心を取り戻した気がするよ。

首位のチームとは勝ち点差9もあるけど。

正直今のチームは強かった頃のチームに比べると頼りないけど。

それでも勝ち点9、ひっくり返しましょう。

ひっくり返せるように全力でやりましょう。

たとえ結果がダメだったとしても、最後は悔し泣き出来るぐらい全力でやりましょう。

そう決めさせていただきました。



それがきっと、去っていく人たちが託した思いなんだとね、
思っちゃったりするんだわ。







しかし、岡ちゃんさすがだなぁ。


わかってらっしゃるホントに。


あそこで野人に蹴らせて、駆け寄ってくる野人に抱きつくとかさすがやわぁ。




岡ちゃん監督やってくんねーかなぁボソッ







コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0