So-net無料ブログ作成

2016 CS 決勝2 vs 鹿島 [浦和レッズのこと]



CS決勝1 埼玉スタジアム 19:35

[HOME]
1 浦和レッズ
7分 興梠 慎三

shoot:11 GK:8 CK:9 FK:18
card:  78分 槙野 智章
 82分 ズラタン リュビヤンキッチ


[AWAY]
2 鹿島アントラーズ
40分 金崎 夢生
79分 金崎 夢生(PK)

shoot:9 GK:10 CK:3 FK:15
card:  29分 遠藤 康
 54分 永木 亮太
 90+4分 曽ヶ端 準

IMG_1097.jpg
 今日の一枚

161203.jpg

嫌な予感してたんだよね。
ほら、松本負けたじゃん?
アレみてゾワッとしたのよね。
んで鹿スタの試合の後に最後は勝って終わりたいみたなコメントしたじゃん?
言うことは勇ましいんだけど、試合になるとアタフタするじゃん?
嫌な予感したんだよね。

そしたらこれよ。

オレの一年を返せ(゚Д゚)ゴルァ!!

期待を裏切るだろうと言う期待は裏切らない。
それが浦和レッズ。

まあ人生なんて思い通りに行かないもの。
色々あるから面白いのよ。
それに
最後の最後でタイトル逃すとか超慣れっこ
なんのダメージもないよね。・゚・(ノД`)・゚・。
あるわけないよ。・゚・(ノД`)・゚・。

ふう…………。


冷静に考えりゃ鹿スタで1−0、シンゾーさんのゴールで2−0なわけでね。
2点差なんて一番危険な点差なんてことは常識なわけで。
やっぱりもっと慎重な、いや丁寧な試合運びしないとな。
確かにレギュレーション的な違和感はあるんだけれども、最後のホームの試合で負けてる以上レギュレーションに対する言い訳なんて負けワンコの遠吠えよ。
グダグダ言う前に勝っとけと。
最後の最後で自分達のサッカーをやれなかった時点で終わりだよね。
槙野上げてパワープレーすんなら、最初から強力な外国人FW獲得しとけよと。
今までやってたサッカーじゃ点が取れませんて自分達で言っちゃってるようなもんじゃん。
今までのサッカーを丁寧にやっときゃ2点目は取れたと思うし、もっと言えば2失点目は取られてなかったろうと。
自分達のサッカーやってればサイアクでも1−1で終わらせられてたろうと。

まったくねぇ。
なんど悔しい思いしたら強くなるんだか……。


でもね、勝ち点74というのは紛れもない事実。
これは今のサッカーは間違ってないってことだと思うのよ。
もちろん修正するべきところはたくさんあるかもしれないけど向かっている方向事態が間違っているなんてことは無いんだと思う。
このサッカーはダメなんじゃないだろうかと迷うんじゃなく、とにかく修正点を洗い出して、必死になってその修正点を改善していく。
それに尽きると思うんだけどね。
今一番怖いのは「自分達はダメなんじゃないか」と迷ったままで来シーズン始まっちゃうことよ。
そうなると一気に負のサイクルに陥っちゃうからね。

そうならないために今シーズンをしっかり検証すること。
そして厳しく、激しくやっていくこと。
ピッチの上で大人しすぎるよね。
相手に対しても味方に対しても厳しく激しくやっていかないと。
小さな「甘え」の積み重ねが最後の最後で足を掬うのよ。





幸いシーズンオフだけはたっぷりある。
このオフの間にもう一度、来シーズンに向けて何をどうするのか。
なぜ鹿島さんは勝負強く、なぜ自分達はとことん勝負弱いのか。


それを徹底的に考えて、死に物狂いで修正しなきゃまた同じことの繰り返しだろうねぇ。







コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。